5.18 LIVE予約受付はこちらから。

メモ: * は入力必須項目です

Yamamoto La France


STORY

朝霧包まれた、山の麓にある教会。

神父の元に、ある事故により記憶を失った二人の幼い孤児がやってきた。

容姿は似ているが姉妹なのか他人なのか、名前以外の事はなにもわからない。

だが神のお導きだと神父は彼女らを快く迎えた。
神父は二人をシスターとし「lafrance(ラフランス)」という称号を授け育てた。

 

そんなある日のことだった。
神父は突然、二人に告げた。

 

「これから貴女方を連れて旅にでます」
「貴女方には此処に来た以上、やらねばならない事があります」
「そしてまた、貴女方を救いに」

 

二人には神父の言葉の意味がまるでわからなかった。

神父は二人と過ごした時間の中でふたりのある才能を見抜いていた。

 

一人には「華」やかに舞うダンスで人を魅了する力。
一人には「優」しい歌声で人の心を動かす声。

 

神から授かった二人の能力を導けば、世の中の救いを求める者への力になるのではと。
そして、なにより彼女たちに踊って歌える場を与え、そこに立たせることによりひょっとしたら自身の記憶を取り戻すのではないかと淡い期待もあった。

 

神父は彼女らの才能を知って、必ずやその才能は人々の力になり、またその力は彼女らの人生の光と希望の道標になるだろう。そう確信していたのだ。

 

いつかは一人一人の足で力強く生きていかねばならない。

出会った時から神父はそう思っていた。

 

「そのきっかけが今なのだ」

 

そうして二人を連れ、旅立つのであった。

There is church at the foot of a mountain in the morning fog.

One day, two orphans who lost their memory by in an accident came to Father Yamamoto.

There is some resemblance between the two.

There is no knowing whether they are siblings or complete strangers.

But Father Yamamoto felt the guidance of God and received them willingly.

Then He give title of  "la france" to them as a Sister, and He fostered them.


Then time passed. The father told to them suddenly.

“I will take you on a trip.”

 “As long as you'll be here, you have a mission that you have to do.”

“And then, it will become your salvation.”


They didn’t understand the meaning of the words of the Father at all.

Father Yamamoto had noticed the talent of them.


One has power that fascinate people by "dancing beautifully".

One has voice that can touch a heart of persons by "singing mildly".


Father Yamamoto was thinking, if I could lead their ability given by God, I would save people who want help.

He hoped that his lost memory would return by making use of their talent.


Their talent helps people by all means, and their power will become the light of their life and the signpost.

He was convinced of it.


Each of them must live powerfully someday.

Father Yamamoto thought so since he met them.


Now, the time has come.


And, Father Yamamoto left with them for the world.



Member

Karin

Yamamoto

Yu-ri